薬を手に入れる|安く手に入れ早く治すそれが鉄則

ヘルペスは薬で治す

ヘルペス感染を起こした時の薬代と治療費

皮膚にアレルギー体質をお持ちであり、比較的弱い方はヘルペス感染を起こしやすいとも言われています。実際にヘルペス感染をおこしてしまった方の治療薬の費用や入院の費用がどれくらいなのか多くの情報が提示されています。ヘルペスの治療や入院にかかる費用の目安としては、1日あたりの医療費がヘルペス入院では30000円程度、平均的な入院在院期間は10日間程度ですが中には手術の有無で変わってきます。また、入院費用に対する3割負担の場合の差し引き金額には1日あたりの費用は9000円程度であり、10日間の場合ではおよそ100000円ほどがかかります。その他、年齢が70歳未満の方で高額療養費制度を利用した場合の負担額では、80000円程度の負担であると報告があります。

治療後にかかる費用と今後の傾向

実際に退院されたあとで注意することには、ヘルペス再発の予防にひつような薬であったり、今後かかってくる薬の費用がどれくらいなのかが課題とされています。高額な国内品を考えるのか。また、安価な個人輸入を考えるのかということです。今後、継続的に必要なお薬ですので、できる限り安価に抑えたいものです。たとえば、国内品のバルトレックスは、保険適応な価格であっても1錠が500円程度もする高価なお薬です。もし、仮に健康保険に加入されていなければ1錠が1800円程度もします。そのようなお薬を維持することは一般的には難しいとされています。他のお薬で、バルジビルがあります。バルジビルは1錠が180円程度のものですので優れたコストパフォーマンスがあることになります。今後、ヘルペス治療の再発予防を考えておられる方におすすめになってくるものではないでしょうか。